プロフィール

石垣島に移住して4年目のToshiさんです。

Author:石垣島に移住して4年目のToshiさんです。
としさんのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブの国々で学生と交流

7月1日よりイエメン-アデン、5日ヨルダン-アカバ、8日スエズ運河、9日エジプト-ポートサイドに寄港しました。

ヨルダン・アカバ大学生の出迎え


ヨルダンのアカバ大学を訪問。門前にて学生達の出迎えを受けました。熱烈歓迎の雰囲気でした。女学生から一人一人に花一輪がプレゼントされました。

日本の習字にてアラブの名前を書く交流


文化交流では、日本の習字を公開しアラビア語の名前から、日本語の当て字を書き交流しました。

折り紙による交流


折り紙を一緒に折りながら、日本の文化を知ってもらいました。

箸を使ったゲームで交流


日本の箸を持参し、箸を使ったゲームを行いました。器用に箸を使える人もいたのでビックリしたところです。

似顔絵を描いて交流


似顔絵を描く乗船客も交流会に参加し、学生達の似顔絵を数枚描いていました。学生達はとても喜んでいました。
スポンサーサイト

インド・コーチン報告 ②

三輪バイクタクシー


ホテル入り口に乗りつけた三輪バイクタクシー。乗用車以上に数多くこのバイクタクシーを見かけます。乗ったことはありませんが、小型で小回りの効く優れものじゃないかと思いました。

昔ながらの漁法


川沿いの街には伝統の網漁があり、今でも写真のような直径3メートルほどの網を川に沈め、ころあいを見て引き上げ魚を捕るそうです。岸辺にはこのような仕掛けの網が、数多く並んでいました。

コーチンの漁師たち


日本人の観光客を物珍しげに見ていた現地の人々にカメラを向けたらOKのサインがありました。言葉は喋れなくても、コミュニケーションが成立したのでした。私は地元の漁師さんたちじゃないかと思いました。

インド・コーチンに訪問

ビンデイの呪い


6月25日インドのコーチンを訪れました。今回はヨガ体験です。
海上の入り口にて、参加者一人一人の眉間にビンデイと呼ばれる、おまじないのようなカラフルなペンイントが施されました。インドでは3つ目の目ということで、仏陀のご利益があるとか聞きました。

インド8歳の少女



交流会で舞うインドの娘達


ヨガの呼吸法を体験した後、同じ会場にて交流を兼ねたインドの舞が披露されました。8歳の少女による独演と、インドの娘達による踊りは伝統的な音楽のもと、時にゆったりと、時に激しく踊られていました。

交流会にて日本の歌・ローマ字で歌う


返礼として、日本のラジオ体操と歌を合唱しました。写真はローマ字にて歌詞を書き、インド側の参加者とともに歌いました。


レストランにて


午後の昼食では市内のホテルレストランにて、本場のカレーを味わいました。バナナの葉の上にライス、そしてその脇に数種類の香辛料が添えられていました。良くかき混ぜて食べましたが、それぞれの香辛料が独創的でかつハーモニーのあった味わいでした。どろどろのカレーというイメージではありませんでした。

シンガポール報告その②

シンガポールにて


シンガポールの港上空には、港をまたぐようにロープウエイが張られていました。高さも写真のように10数メートルはあるようです。港に近づいた時高層のビル群が所狭しと、並んででいました。街並みはとても都会的で綺麗でした。 繁華街には日本の高島屋デパートなどもありましたし、港内レストランには日本食コーナーもありました。
地下鉄に乗りましたが、日本のスイカのように切符不要なシステムになっていましたが、旅行者は1回ずつ行き先別の料金をカードに入金したので、便利さは感じませんでした。
一緒に行動してくれた学生は、20歳のミャンマー出身の女学生で、とても親切でした。

シンガポールにて学生と交流

シンガポールの報告です。スウチーさん誕生日


まずピースボードとして、ミャンマーにて軟禁状態のアウンサンスーチーさんの誕生日の横断幕を船の横に掲出しました。当然アピールも含まれています。市内交流


約100名の参加者が同数の学生達と交流。小グループに分散して、話をしながら市内を案内してもらいました。写真はグループの仲間とのシンガポール銀座の一枚です。船内交流会

市内での交流が終わった夜、学生達を船内に招き、船室や食堂・会議室を案内し交流会を遅くまで開催しました。交流学生

料理教室の参加者

ベトナム料理をつくり食べました。香辛料が味わいの決め手になりました。料理教室の参加者

料理のベトナム人先生と日本語通訳を聞きながら、しかし手と身体は何とか動きましたが、細かい点はにわかな料理人には、味わい文化でした。ベトナム人とのレストラン交流

ベトナム自由時間でしたが、レストランにて隣のテーブルを見ながら注文しました。やがて現地の人々とも打ち解けて、レストラン交流が実現しました。ベトナム鍋料理

レストランでの最大の美味は、魚を丸ごと鍋に入れて、そのだし汁にて、ベトナム麺のホウを食べました。最高の味わいでした。

ベトナム・ダナンへの上陸

ベトナム人とのレストラン交流


ベトナム鍋料理



ベトナム料理体験教室にて



料理教室の参加者


ベトナム体験の写真を添付します。衛星ネットは時間がかかりすぎて予定通りにことがすすみません。悪しからず。7.11 現地時間深夜

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。